読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日はどこに行こうか

海外に旅したり、生活したり、バナナ農園でバナナ切ったり。ワーホリの意味を考えたり。

バナナの仕事ってどうよ?最新のタリー事情と、よく問い合わせをもらう質問事項まとめ

banana

 

どうも!アジア最速の男(バナナのカッティング部門)と呼ばれているばーしーです。

 

最近タリーの事情やバナナファームについてお問い合わせをいただくことが多くなってきたので、最近の事情とよく聞かれることをまとめておきます。

 

ファームジョブに興味がある!タリーに今まさに行こうかどうか考えてる!って人はこれを読んでね。

 

 


 

 

仕事はありますか?

 

これが最も多く聞かれる質問です。

 

バナナに聞いてくれ。

 

と言いたいところをぐっと我慢してお答えしていますが、

バナナファームの仕事は年中あります。

実際知り合いには1年以上タリーのバナナファームで働いている人もいます。

 

ただ、仕事が溢れているかどうか、と言われると、来たらすぐに仕事にありつける状況ではありません。

 

通常バナナはできたばかりのものから収穫できる状態になるまで3ヶ月かかると言われていますが、季節、天候によって育ちの早さは変わります。

タリーに明確な「冬」はありませんが、涼しくなると育ちが遅くなります。そして、現在4月でオーストラリアの季節は日本と逆です。冬にはなりませんが、涼しくはなってきています。

 

男女で変わる仕事の得やすさ

 

バナナ以外の作物でも言えるような気もするのですが、バナナファームには力がいるポジションとそうでないポジションがあります。当然、ないよりある人の方が仕事の枠は多いので、力のあるメンズが採用されやすいのが現実です。

 

しかしながら、女の子のつくポジションもあるので、女の子は仕事が全く手に入らない、ということはありません。

 

週に何日働いてますか?

 

ファーム、ポジションによりけりなんですが、ぼくの周りに聞くと週に3〜5日の出勤です。

 

バナナの収穫量がファームによる

 

収穫量が多ければ多いほど働く日は増えますが、ファームによってよく採れる所、そうでない所が分かれます。当然その要素に「規模」も含まれるんですが、小さいファームでも週5日当たり前に働いている場所もあります。

 

タリーにいる人たちは最大手のファームグループ「マッカイ」に働けるとラッキーと言われますが、ぼくは一概にそうではないと思っています。

 

出勤日、出勤時間がポジションによる

 

働くポジションによって出勤日や出勤時間が異なる場合があります。

 

ぼくはゴリゴリマッチョが運んできたバナナをナイフで刈り取る「ディハンディング」という仕事をしているんですが、バナナがない限りできない仕事なので、ゴリゴリマッチョがあまりバナナを持ってこなかった日は仕事が早く終わったり、次の日遅く仕事が始まったりします。

 

仕事はどうやって手に入りますか

 

主に3つ手段があります。

 

紹介を受ける

 

紹介されるのは1番早いですが、誰もが仕事を欲しいと思っている中で、紹介ができる人は確実に仕事に就かせるだけの力を持っている人です。


コネクションのない人にとっては簡単には見つからないというのが個人的な意見です。

 

紹介で働き始めた日本人の事例

 

ぼくが知っている紹介で仕事をゲットしたという日本人は1人です。
彼の紹介者は同じファームで社員として働いており、自分のところのシェアハウスに住んでもらうということを条件に紹介されました。


明確な目的がない限り、シェアハウスで住むこと自体悪いことではない(むしろ設備が整っていたりオウンルームであったり、メリットはたくさんあります)ので、条件によっては飛び込んでみるのも良いかもしれません。

 

バッパー紹介


当ブログで何度か紹介させてもらいっているので、気になる方はこちらをどうぞ。

 

 

www.asudoko.net

 


さらっとお話すると、タリーにはいくつかバッパーがあり、そこにステイしていると順番で仕事を斡旋してくれます。

 

順番を待つ必要があるので、自分の順番が来るまでは暇です。何もすることがありません。
ぼくが滞在しているバッパーの現状については後ほどお伝えします。

 

ジャンピング

 

ファームで働く人は基本的に個人で出勤せず、揃ってバスや大型の車で移動します。
そこに向かって運転手に「仕事をくれ」というのがジャンピングです。

 

ジャンピングすべき車と普通の車間違えませんか!?

 

これもよく聞かれるんですが、ファームに向かう車は、きったない格好をしたいかにもバナナの仕事してますって若者が大量に乗り込んでいるので、まず間違えません。

 

ぼくが来てから1ヶ月と2週間、誰かしらジャンピングしているのを見かけます。
ラッキーな人は1日、そうでない人はいつまでたっても見つかりません。

 

最近のラフターズはどうですか!?

 

ぼくは今タリーで最も力を持っている、100人以上で共同生活するラフターズというバッパーに住んでいるんですが、最近はというと、相変わらず入れ替わりが激しいです。仲良くなってきたなとその人は次の日いない、みたいなこともあります。

 

空いているベッドはありますが、「女の子を入れるのをしばらく止める」という話を聞きました。

 

ウェイティングはどれくらいですか!?


仕事の斡旋の順番は、男女によって異なります。

2017年4月現在、ウェイティング中の男女に仕事が見つかるまでの期間を聞くと
【男性で1週間前後】
【女性で3週間前後】
といったところです。

 

日本人はどれくらいいますか!?

 

それを知ってどうするんだ。


と言いたいところですが、意外とよく聞かれるのでお答えるすると、現在、住人の10%前後でしょうか。
100人いる中の10人くらいです。


ちなみに日本以外のアジア人は、全員合わせて10人程度、なので5人に1人がアジア人です。


残りはイングランド、スコティッシュ、ウェルシュ、アイリッシュ、スペイン人、イタリア人、フランス人、ドイツ人など。

 

最後によくいただくお言葉

 

タリーで会った日本人に
「ブログ参考にして来ました!面白いです!」と言われることがたまにあるんですが、
その一言は何よりも嬉しいです。本当にありがとうございます。

その一言とブックマークが何よりもぼくの更新の源です。

 

以上、今日はここまで!
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

参考になったらブックマーク押してくださいマジで。

 

【こちらも読んでいてはいかが】

 

 

www.asudoko.net

www.asudoko.net