読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日はどこに行こうか

海外に旅したり、生活したり、バナナ農園でバナナ切ったり。ワーホリの意味を考えたり。

タリーにサイクロン「デビー」が来るよ

Typhoon

 

どうも!嵐を呼ぶばーしーです。

ネイティブに聞いたんですけど、「台風の目」って英語でもthe eye of a typhoonっていうらしいですね。お勉強になりましたね。

 

さて、そんな悠長なことも言ってられないので、早速本題。

 

 

タリーにタイフーンが来てます。

気になる人はこの記事をどうぞ。

 

www.bloomberg.co.jp

 

最新の記事抜粋 

「デビー」がなんだか知らないけどさ、忙しい人のために記事抜粋すると、

 

この6年で最大の勢力に発達したサイクロンがオーストラリア北東部のクイーンズランド州沿岸に接近しており、28日中に上陸する見込みだ。数千人の住民が避難したほか、世界で最大規模の炭鉱数カ所で操業が停止された。
  オーストラリア気象局によれば、サイクロン「デビー」はグレートバリアリーフの人気の観光地であるウィットサンデー諸島を直撃しており、現地時間正午(日本時間午前11時)前後に上陸する見通し。上陸時の風速は最大時速250キロメートルと見込まれる。高潮の警戒で低地の住民最大2万5000人が避難した。

 

ということで、お祭り騒ぎな感じの台風が来るみたいです。

僕がいるバナナ村のタリーはグレートバリアリーフから南に位置するところにあるんですけど、直撃の可能性があるので、もし被害にあったら仕事にも影響があるかもしれませんね。

 

領事館から来たメールも添付するので、近くにいて読んでない人はチェックしてみてください。

 

在留邦人及び邦人旅行者の皆様へ

 27日(月)午前11時現在、オーストラリア気象局は、グレートバリアリーフ沖で発達中のサイクロン「デビー」が28日(火)午前にはエア(Ayr)、ボーウェン(Bowen)周辺にカテゴリー4で上陸すると予測しており、タウンズビルやハミルトン島、マッカイを含むカードウェルからセント・ローレンスの間の地域を警報区域としています。
 皆様におかれては、気象局のウェブサイトなどから情報収集されるとともに、避難場所や非常物資の確認、被害の可能性のある地域への移動の延期など適切な安全対策をとられるようお願いします。
また、観光業関係の皆様におかれては、旅行者などへの注意喚起や安全確保についても万全の対策をとられるようお願いいたします。

オーストラリア気象局ウェブサイト(サイクロン)
http://www.bom.gov.au/cyclone


おことわり
このお知らせは、在ブリスベン日本国総領事館へ提出していただいた在留届、または「たびレジ」に登録されたメールアドレスをもとにお送りしています。
_________________________________

在ブリスベン日本国総領事館
Consulate General of Japan in Brisbane
17th Floor, 12 Creek Street,
Brisbane, QLD 4000

窓口受付時間 9:00〜12:30、14:00〜16:00(月曜日から金曜日まで)
Tel: (07) 3229-5188
Fax: (07) 3229-0878
Email : consular@bb.mofa.go.jp (ブリスベン総領事館へのメールでの連絡はこのメールへの返信ではなく左記アドレスをご利用下さい )

 

 

カテゴリー4とは、 風速59~69メートル、日本なら「猛烈な」に相当に当たるらしいです。

 

「猛烈」ってなんだよ。

 

文中にある「マッカイ」が俺のいるファームなんですけどね、めちゃくちゃ不安です。 

 

今タリーにいる人、それからこれからタリーに来ようと考えている人は気をつけてくださいね。

 

以上、今日はここまで!

 

ためになったらブックマークしてもらえると励みになります!

 

【タリーに興味がある人はこちらもどうぞ】

www.asudoko.net

www.asudoko.net

www.asudoko.net

www.asudoko.net

www.asudoko.net