読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日はどこに行こうか

海外に旅したり、生活したり、バナナ農園でバナナ切ったり。ワーホリの意味を考えたり。

オーストラリアで野宿していた俺が選ぶ、野宿に必要なアイテム5選【ホームレス必見】

 

Homeless

 

どうも!元ホームレスブロガーばーしー(@Yuta_Shiba)です。

 

現在オーストラリアにて生活しているんですが、宿代を払う金がなかったり、住む場所が見つからなくてたまに野宿をして過ごしていました。

 

しかし、何も用意なく野宿するとオーストラリアの夜は意外と寒かったり、安全性はゼロなので大事なものを守る術がないと不安で眠れなかったりしました。

 

そこで今日は、オーストラリアで野宿するのに必要なものをまとめてみました。

「オーストラリアで野宿してえええ!」っていう人には役立つかもしれないです。

 

 

 


 

寝袋

必須です。

オーストラリアの1日の寒暖差は激しく、日中焼けるような暑さでも、夜中から明け方にかけて防寒着を着なくてはいられないほどの寒さになったりします。

 

特に海に近いところで野宿する際は風が強いので、寝袋を強くお勧めします。

 

また、付属の寝袋用の袋に貴重品を入れて、足元にしまってください。そうすると寝ている間に貴重品持っていかれにくくなります。

 

 

俺が野宿をしている間誰かに襲われることは一度もなかったんですが、万が一誰かに襲われ際、寝袋から脱出することができないのであなたはサンドバッグ状態になります。手も足も出ずにボッコボコになることを想像してください。

 

実際にやってみると分かりますが、身動きができない状態で寝るのはめちゃくちゃ怖いです。

 

そんな時は着たまま動ける寝袋もあるので、お財布に余裕がある人はこちらをお勧めします。

 

テント

 

絶対必要かというとそうでもなかったりするんですが、あると快適です。

 

一人用だと畳一枚分程度のスペースなので、体格が大きい人には狭く感じると思いますが、持ち運びには便利です。

フットワークが軽い系のホームレスがいいか、どっしりと構える系のホームレスがいいかで買うべきサイズが変わると思います。

 

オーストラリアはハエが多いので、防虫ネットが付いているタイプを選んでください。

 

貴重品ポーチ

 

貴重品を入れるものがない時はこのアイテムがあると安心感が段違い!

 

絶対に無くせないもの、盗られたくないものはここに入れて、体に巻きつけといてください。体に直接巻きつけて上から服を着ておけば、万が一脅されて財布を渡さなければならないシチュエーションになっても貴重品だけは守れます。

 

 

 

 

 

アイマスク

 

オーストラリアでは朝日が眩しいです。眩しすぎます。

アイマスクがあると外の光を遮れれば日の出に起こされる心配がなくなります。朝も心地よく起きれますよ。

 

 ゴミ袋

 

「野宿するのに何もない!今夜どこかで野宿しなきゃならん!」という新参ノジュカーの人が何を用意すべきかというと、これです。ゴミ袋です。

 

オーストラリアの寒い空気をシャットアウト、風もシャットアウト、これ一枚あるだけですごく暖かく過ごせます。

 

朝起きた時に自分の汗でビショビショになりますが。

 

まとめ

 

オーストラリアでは街の中にWi-Fiを使えるスポットがあったり、海近くだと無料バーベキュースペース、シャワースペースがあったりと、個人的には外で生活しやすい環境だと思います。

しかし、野宿する場所によってはセキュリティに注意されたり、悪質な場合、警察から罰金の指示がくる場合があるので、する際は自己責任でしてみてください。

 

また、知り合いの情報通のホームレス曰く

都心地から離れるとアボリジニーによる窃盗が多発しているから野宿には気をつけろ!

 

ということなので身の安全には細心の注意を払って野宿生活をエンジョイしてください。

 

気が向いたら、野宿するときのポイントもまとめてみようと思います。 

 

以上、今日はここまで!

 

今日の記事はいかがでしたか?

海外旅、海外生活の記事を書いています。

読者登録してもらえると記事更新の励みになります。よろしくお願いします!

 

【こんな記事も書いてます。】

www.asudoko.net

 

 

www.asudoko.net