読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日はどこに行こうか

海外に旅したり、生活したり、バナナ農園でバナナ切ったり。ワーホリの意味を考えたり。

タリーで過ごしてわかった仕事の見つけ方

 

f:id:y-shiba1114:20170223155514j:plain

どうも!タリーでの生活が長くなればなるほど、社会から隔離されてる感を覚えるばーしー(@Yuta_Shiba)です。

 

千眼美子って何だよ。何が起きたんだよ。

 

さて、前回タリーで無事に宿を確保してから約1週間が経ちますが、

 

www.asudoko.net

 

ばーしーは3つのファームで仕事を経験しました。目まぐるしく状況が変わっているので、仕事を得るためにしたことと聞いた話をシェアしておきます。ファームに興味がある人、タリーの仕事が減ってきているって噂に心配な人はチェックしてみて!

 

 

ジャンピング

とにかくジャンピング!コネがない奴は黙ってジャンピング!

ジャンピングって何?跳ねてればいいの?っていう人に説明しておきます。

タリーの町は朝早くからファームジョブに行く人たちが乗る各ファームのバスが行き交っています。ジャンピングとは、履歴書を持って労働者を待つバスに突撃して「俺も交ぜてくれ」と交渉をすることを言います。

俺はこれで、タリーに来て2日目に仕事をゲットしました。成功するには多少の運と、図々しさが必要だと思います。俺はバスに勝手に乗り込んで、運転手に「今日から働くわ。」って言ったらいいよって言ってくれました。

 

バッパーからの紹介

Rafters、Hotel Tully、Savoy等のバッパー、アコモデーションから紹介してもらう方法があります。ウェイティングリストと呼ばれる順番待ちリストに書いておけば、順番で仕事が回ってくるのでまあ楽です。楽すぎて、もう何もしなくていいかななんて感覚に陥ってしまうかもしれない恐ろしさをはらんでいます。なので、ウェイティングリストに書いた後もジャンピングしたり、人脈を広げたり、金がなくなっても野宿できる場所を探したりするといいと思います。

 

友達、シェアメイト紹介

たまにあるらしいです。俺がここに来た1週間で聞いた話では、ある子がジャンピングしたんですが、ジャンピングした先の責任者がたまたま住んでいるところのオーナーで、そのまま仕事をゲットしたということもありました。何があるかわかりませんね。

 

事務所に突撃

タリーの近くにはマッカイというバナナファームグループがあり、町の中にマッカイの事務所があります。オーストラリアのバナナ業界では誰でも知っているでしょうそのグループ。バナナ界のEXILEグループです。いや、でもそれだとそんなスタイリッシュじゃないし。バナナ界のAKBグループいや、でもそれだとそんな華やかでもああもうなんか上手いこといかなかった。

とにかくそのバナナ界でいう和民グループに行って塚田農場のポイント貯めてこいって話です。

 

ネットを使う

今話したマッカイの事務所では、当然たくさん仕事をくれくれいう俺みたいなホームレスが毎日来るわけですから、それを整理するためにもネットでアプライしてくれと言われます。必要事項を記入して、あとは神に祈るのみ。実際にこの方法では仕事を得たという人もいました。

 

アプライ先を残しておきます。好きにしてください。

Employment Application

 

Facebookで探すのはどうか

Facebookでワーホリ情報やファーム情報を共有するグループがいくつかあり、そこで情報を探すのも手かもしれませんが、ことタリーに関しては募集情報が全くと言っていいほど出ていません。良いファームほど人が集まるので、ネットで募集をかける必要がないのだと思ってます。勝手にそう信じています。

 

男女の差

結論を言うと、女の子は男よりも仕事を見つけにくいと思いました。

俺は運良くも1週間で3つの仕事を経験しましたが、同じバッパーに住んでいる女の子は2週間待っても仕事の斡旋が来ないという状況です。仕事をすると、力仕事が多いことがわかります。バナナは重いです。マジで。力仕事が多いゆえに、男の方が比べると早く仕事を得ています。

 

まとめ

今日紹介したこれらの方法で仕事はゲットできます。しかし、運とタイミングと時々根性で左右されるので、とにかくトライです。しかし、検索SEOで上位に上がるブログやサイトでいっている「仕事ないない。バナナないない」というほどでもないと感じたのがここ1週間の感想です。これから雨季が過ぎればバナナは育ってきます。エンジョイバナナ。

 

f:id:y-shiba1114:20170223165141j:plain

 

3つの仕事の内容はまた別記事で書きます。それはそれはめまぐるしい。

今日はここまで!

 

【ここまで来た話に興味がある人はこちらを】 

 

www.asudoko.net