読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日はどこに行こうか

海外に旅したり、生活したり、バナナ農園でバナナ切ったり。ワーホリの意味を考えたり。

LCC使ってタイに来たら早速トラブルに遭ったよ。

f:id:y-shiba1114:20170207002029j:plain

 

どうも!

ブログご無沙汰でしたが、再開します!ばーしー@Yuta_Shibaです。

 

前回、語学学校の掃除をすることで授業料をタダにしてもらったとお伝えしたんですが、かれこれ半年近く勉強した結果!!

www.asudoko.net

 

 

 

 

f:id:y-shiba1114:20161008225152j:plain

 

f:id:y-shiba1114:20161008225213j:plain

 

f:id:y-shiba1114:20161008225829j:plain

 

f:id:y-shiba1114:20161008225856j:plain

 

f:id:y-shiba1114:20161008225917j:plain

 

BOSS

「ばーしー、今度からプロ雇うからもういいよ。

  

という理由で解雇されました。

 

また、ブラジル人のクラスメートからは

「ばーしー、あなたの掃除の仕方はブラジル人っぽいわ。

 

という言葉も届いています。

 

さて肝心の英語はというと、IERTS試験対策コースまでいけました!レベルがどれくらいだか謎ですが、ペラペラには程遠い!

英会話者の赤ちゃんくらいなら意思疎通ができるかもしれませんね。babooh!!

 

英語については別記事で書きます。気が向いたら。

 

と、いうことで勉強もほどほどに、アジアを周ろうと思い立ち、現在ばーしーはオーストラリアから一時日本に戻り、そこから微笑みの国タイに来ています!ワーホリビザはこの辺りが自由なのがメリットですね。一時帰国もでき、違う国に立ち寄ることもでき。

 

そして、日本から格安のチケットを取り、いざ出国と思いきや早々にトラブル。

 

今後LCCを利用して旅をする人、ワーホリやバッパー旅に慣れていない人は読んでおくといざいというときに役に立つかも!役に立たなくても読んでね! 

 

 

利用した航空会社

さて今回利用したのはscoot。

東南アジアに格安料金で運行しています。まあネットで比較してその時一番安かったのが理由で選んだので、特にこだわりなし!貧乏人にこだわりなし!

http://www.flyscoot.com/jp/

 

恐るべきトラブル!遅延と原因

さて、当日は成田空港9:30発の飛行機だったんですが電車を見逃して8:30にチェックインカウンターに着くと、何やら長蛇の列でざわついています。スタッフに何事か聞いてみると

 

「バンコク発成田着の飛行機が、未だに飛んでいません。出国時間が9時30分から22時30分に変更いたします。

 

出た!出たよ遅延!

 

航空会社 各社の遅延率

まさか自分が遅延するなんて考えてもなかったから遅延ってどれくらいあるのか暇すぎるから みんなのために調べてみたよ。

 

f:id:y-shiba1114:20170206000119p:plain

※APJ=ピーチ、JJP=ジェットスター、VNL=バニラエア、SJO=春秋航空日本

 

これは国交相が発表している各航空会社の遅延率の表。

 scootの遅延率は出ていなかったけど、APJから右側がいわゆるLCCの遅延率。

JAL,ANAと比べて一目瞭然の遅延率の高さ。ジェットスターに至っては27.14%って、4本に1本以上遅れてるんかい。

 

遅延の原因

なんで遅れるのかついでに聞いたら「機材のトラブル」だと!

ああ、よくあるらしいこの理由。お客さんが確認しようがないからね、機材トラブルって。

 

言い訳するにもなんかこう、もっとあるだろ!と思いながらもめちゃくちゃ忙しそうにしている受付の人にこれ以上時間取らせても悪いから、退散!貧乏人は文句言わずすぐ退散!

 

それで、チケットを受け取った後、列を整理する気さくなおばちゃんと話してて、「飛行機の調子良くないの?」って聞いたら、

 

「飛行機に車が突っ込んだのよ」

 

!!

 

車の事故より飛行機事故の方が少ないって聞いたことがあるけど、車と飛行機ってぶつかることあるの?

 

ちなみに飛行機事故って馬の後ろ足に蹴られて死ぬよりも確率が低いらしいんだけど、飛行機と車の事故ってどれくらいの確率なの?

 

なんてことを考えていたところ、scootから今後の対応を教えてくれました。

scootの対応

・お詫びとしてお食事券の配布。

・scootが手配したホテルで出国時間の2時間前20:30まで待機。

・変更後の予定通り22:30に出国。

 

f:id:y-shiba1114:20170207002030j:plain

もらったお食事券

 

満足、大満足。

ばーしーは今何もお金を生み出していないつまり時給0円の男ですから、1,000円のバウチャーをもらえるなら13時間の遅延も我慢するわ。

 

よし、わかったよ待ってやろうじゃないか。

と覚悟を決めてホテルで待つこと9時間。

  

係員

「飛行機、やっぱり飛んでませんでした。まだバンコクです。やっぱり明日の出国です」

 

!!

 

やっぱり飛んでないらしい。

ということで、当初の予定から遅らせること25時間、翌日10:30に出国することになりました。

 

丸一日、よく分からないタイに帰る人たちに揉まれていますが、俺は今日も元気です。

LCCを利用する際に気をつけること

さて、LCCを利用するときの注意点、ざっと思ったことですけど、

 

・遅延が保険の補償に含まれるか確認

・会社の責任か、不可抗力か確認

・情報に振り回されない

・これも旅の醍醐味と割り切る

 

この辺が大事かなと。

今回はscootの責任で全て手配してくれたけど、そうでない場合(天候とか、鳥が飛行機に入るとか)だと自分で対応しないといけないので、注意です。

ちなみにscootの対応はグダグダな部分もありましたが、それも旅、結果的に欠航じゃなかったし、安く連れてってくれてありがとう。

 

今日はここまで!

 

安く旅行をしたい人はこちら!